東京都CCUネットワーク

  • 東京都CCUネットワークとは

    急性心血管疾患(急性心筋梗塞、狭心症、心不全、不整脈、大動脈瘤、肺塞栓等)の疾患に対し、迅速な救急搬送と専門施設への収容を目的に1978年に東京都で組織されました。

    2011年現在は当院を含む67施設が加盟し東京消防庁、東京都医師会、東京都福祉保健局と連携体制をとり24時間体制で対応しています。

  • 当院では2003年7月より加盟しています

    当院には心臓カテーテル検査室が2室あり、同時に2例の受け入れが可能です。また、心臓血管外科医を含む全ての常勤医師が心臓カテーテル検査を施行することが出来ますので、夜間や休日でも緊急心臓カテーテル検査が可能であり、迅速に診断が出来、治療を開始することが出来ます。

    公式サイトを見る

急性大動脈スーパーネットワーク

  • 急性大動脈スーパーネットワークとは

    急性大動脈疾患は死亡率が高く、緊急手術を要する場合が少なくありません。緊急手術に常時対応でき、手術実績のある医療機関へ速やかに搬送するシステムの必要性が高まりました。

    2010年11月より東京都CCUネットワークを中心に心臓血管外科と救命センターが協力して大動脈スーパーネットワークが発足しました。

  • 当院は「緊急大動脈重点病院」に指定されました

    緊急手術に24時間対応でき、急性大動脈疾患に多数の手術実績がある医療機関(当院を含む9施設)が「緊急大動脈重点病院」に指定されています。

    当院は2室の手術室で同時に2例の緊急手術に受け入れが可能です。また、当院の集中治療室の看護単位は常時2:1(患者さん2名ごとに担当看護師1名)で術後経過観察や血圧管理など細やかな看護が必要な重症例にも対応できるような十分な看護師の配置をしています。

    公式サイトを見る

Page Top