院長より ごあいさつ

綾瀬循環器病院は1986年に「医人とその心」の理念を掲げ設立され、地域医療に貢献することをその使命としてきました。以来、創立時の理念をもって、四半世紀をこえて循環器を中心とした医療を提供しています。とくに循環器の救急医療に対しては、24時間365日、心臓、血管疾患の救急患者さんを一人でも多く受け入れ、診療することを当院の社会的使命として診療しています。 当院を受診される患者さんの中には、当院開設以前から前院長の診療を受けてこられた方や遠方から受診される方もいらっしゃいます。今後とも、当院を受診される方、当院へご紹介してくださる地域医療に従事される先生方の信頼にこたえられるような医療を提供してまいります。医療法人社団 栄悠会 綾瀬循環器病院の診療責任者として職員とともにベストを尽くしてまいります。 どのような時代も時は流れ、社会は常に変化し、医療は進歩し続けます。変化する社会に貢献しつづけるには当院が職員とともに進化しなければなりません。進化しつつも変わらぬ理念をもって社会に貢献できるよう良質で安全、快適な医療を提供してまいります。

理事長 丁 毅文
1992年に山形大学医学部卒業後、東京女子医科大学附属日本心臓血圧研究所(現在 心臓病センター)入局。
2000年、綾瀬循環器病院に着任。
2001年綾瀬循環器病院副院長。
2008年12月22日に綾瀬循環器病院院長就任し、現在に至る。
心臓血管外科専門医、日本循環器学会専門医、心臓リハビリテーション指導士。
年間100例以上の心臓血管手術施行。
Page Top